1000分の一個の引き出し 「スタッフ面談の充実」

2023/10/06

皆さま、こんにちは。アイ・パートナーズ社会保険労務士事務所の三嶋です。
皆様の職場では、スタッフ面談を行っているでしょうか。
給与支払い日に、毎月面談をされているところもありますし、実施されていないところも数多くあります。
月1回行うのが理想です。ではどのように進めていけば良いか、今回はそのポイントをお話いたします。

1000分の一個の引き出し 「スタッフ面談の充実」

年に一度は「面談シート」を利用

以下のような「面談シート」を準備し、あらかじめ記入しておいてもらいます。
面談時に面談シートを提出して頂き、内容を一つ一つ確認しながら面談を進めていかれると良いと存じます。
面談時に突然質問されるよりも、より本音が引き出しやすくなるのではないでしょうか。

【面談シート内容 例】
~働き方アンケート2023~

●生活・健康
1.過去1年間の健康状態はどうでしたか。(良好・普通・不良)
2.現在の健康状態はどうですか(良好・普通・不良)
  (体調で気になること⇒        )
3.最近の寝つきはどうですか(良好・普通・不良)
4.朝の寝起きはどうですか(良好・普通・不良)
5.仕事を休みたいと思うことがありますか(ある 時々ある ない)
6.生活・健康・家族について気になっていることがあれば自由に書いて下さい

●仕事
1.仕事の量(非常に多い・やや多い・やや少ない・少なすぎる)
2.仕事の難しさ(非常に難しい・やや難しい・やや簡単・簡単すぎる)
3.仕事の内容(非常に興味がある・まあ興味がある・あまり興味が無い・全く興味が無い)
4.過去1年間の仕事を振り返ってみて、時間的にはどうでしたか。
  (非常に忙しかった・やや忙しかった・やや余裕があった・余裕があった)
5.人間関係(非常に良かった・まあ良かった・あまり良くなかった・悪かった)
6.現在の業務内容に関する希望
  (今の業務を引き続きやりたい・機会があれば別の仕事をやってみたい・特に希望は無い)
7.挑戦してみたい仕事がありましたら、自由に書いて下さい。
8.仕事について、気になっていることがあれば自由に書いて下さい。

●職場環境・労働条件に関する希望
1.何か気になること、改善して欲しいこと、ご提案などご記入下さい。

社会保険労務士・三嶋からの提案

こうしたツールを利用され、短い限られた時間で、なるべく本音を引き出すようにしていきましょう。
こうした面談の他、月に一度、5-10分程度の面談の場があると、スタッフは安心し、定着率にも影響します。