1000分の一個の引き出し 「人材の確保」

2023/09/15

皆さま、こんにちは。アイ・パートナーズ社会保険労務士事務所の三嶋です。
弊所では毎月、顧問先様や関連企業様への情報提供として、
ニュースレターと弊所オリジナルのリーフレット「1000分の一個の引き出し」をお届けしています。
このホームページのお知らせ欄でも、これまで発行した「1000分の一個の引き出し」の中から
ピックアップして情報を掲載いたします。経営のちょっとしたヒントとしてお役立ていただければ幸いです^^

1000分の一個の引き出し 「人材の確保」

再就職先を選んだ理由

リクルートエージェントの調査によれば、「現在の勤務先(転職先)に入社を決めた際の決め手」は、
「経験やスキルが活かせる」(66.3%)
「やりがいのある仕事に携われる」(57.6%)
「新しいキャリアを身につけられる、成長が期待できる」(46.2%)

が上位に(複数回答)。
「年収が上がる」「会社の規模や知名度」よりも高いという結果になりました。

転職活動を進める中で、「自身の経験・スキルがいかせて、やりがいを感じられる仕事」であることに加えて、
「中長期のキャリアアップや自己成長が叶う職場」であることの重要性に気づき、
入社の決め手にしたという人が多いようです。

どんな風に応募者がキャリアを積んでいけるのかが見えるような説明やプレゼンが重要になっています。

多様な働き方を準備しましょう

再就職時の雇用形態については、「パート・アルバイト」が48.5%と約半数を占めていました。
再就職を希望する場合、正社員になるにはハードルが高く、ワーク・ライフバランスを考慮した職場環境が必要
という結果といえるでしょう。
未経験者を採用するよりも、経験者を採用した方が効率が良く、
さらに元々働いてくれていたスタッフであれば気心も知れていますし、
コミュニケーションも取りやすいのではないでしょうか。
顧問先様の中には、週4の正職員制度や短時間正職員制度をウリにしている事業所もございます。
こういった多様な働き方を用意するのは、業務上やスタッフの理解を得るなど大変なこともございますが、
得るものも大きいように思います。
特に長期的な視点での人材確保に寄与します。ぜひ検討しましょう。

友人・知人による紹介を利用しましょう

最近は、友人・知人による紹介【リファラル採用】が盛んに行われています。
リファラル採用をされる場合には、どのような職員が良いのか詳しく言語化することをお勧めします。
そうしないと、採用のミスマッチが起こる可能性が高いです。
そして、インセンティブ制度を設けます。

社会保険労務士・三嶋からの提案

人材難時代がすでに始まっていますが、今後ますます厳しくなっていくと存じます。
人材の確保が難しい場合には、多様な勤務形態の導入を考えてみてはいかがでしょうか。